動物をテーマにした暗号通貨トップ5

現在、8,000以上の暗号通貨が存在していますが、そのうちの一握りは遊び心で作られています。それらのほとんどは、すべての投資家が真剣に受け止めなければならない壮大なビジョンを持っていますが、おまけとして楽しいマスコットを持っているものも少なくありません。もしあなたが、動物をテーマにしたコインやトークンを使うことを楽しみにしている動物愛好家なら、ここでは、あなたが調べなければならないトップ5を紹介します。

ドージコイン (DOGE)、シバイヌ (SHIB)、およびユーロシバイヌ(ESHIB)

この最初の例が厄介なのは、柴犬をテーマにした3つのトークンがトップを争っているからです。ドージコイン(DOGE)は最初に市場に投入され、現在3つの中でトップに立っています。しかし、これは単なるジョークで始まったもので、有力者が宣伝したことで人気を博しました。

シバイヌ(SHIB)は、DOGEに代わる、より本格的な暗号通貨として設計されています。2020年にリリースされたばかりですが、すでにCoinbaseのチャートではトップ20に入っています。現在の暗号通貨ニュースにあるユーロシバイヌ(ESHIB)は、SHIBに代わるより環境に優しい暗号通貨として販売されています。まだ新しいですが、リリース後1週間で価格が%25,000の高騰を記録しました。

ユニスワップ (UNI)

上記の柴犬にインスパイアされた暗号通貨とは異なり、ユニスワップ(UNI)は、神話上のユニコーンにインスパイアされてデザインされたものではありません。本当は、Web 3.0の統一された分散型取引所として設計されています。現在、そのコイン、ネットワーク、そして会社(ユニスワッププロトコル)は、雄大なユニコーンで表現されています。Uniswap取引所がERC-20トークンの取引を促進する一方で、UNIはユーザーが投票でレバレッジを得るためのガバナンストークンです。

UNUS SED LEO (LEO)

UNUS SED LEO(LEO)は、ユニスワップと同様に、iFinexのプラットフォームをサポートするために使用されるユーティリティー・トークンです。LEOは、iFinex社が提供するすべてのサービスや製品の支払いに顧客が使用する通貨です。

また、顧客はエコシステム内の共通通貨として、iFinexのユーザー同士の取引にも使用することができます。このコインは、イソップの寓話「雌豚と雌ライオン」のタイトルをラテン語で表したUNUS SED LEOと名付けられています。これは、雌豚がたくさんの子供を産んでも個々の子供は弱いのに対し、ライオンは一匹しか子供を産まないが、それは強くて立派な品種であることを示した物語です。これは、Bitfinexのすべてのプラットフォームのための1つのユーティリティー・トークンが、個々の暗号を作るよりもいかに優れているかを示す例えです。

クサマ (KSM)

クサマ(KSM)ネットワークは、ポルカドット(DOT)ネットワークの実験的バージョンです。高速で軽量だが、リスクが高いので大きな取引には向きません。カナリアで表現されているのは、「炭鉱のカナリア」と表現されているからです。この表現は、実験で失敗する可能性があることを意味しており、ポルカドットの計画のための実験台となっています。DOTが最終的に成功することから、価値の貯蔵庫としての投資にも適しています。

レイブンコイン (RVN)

レイブンコイン(RVN)は、このリストの中で最も奇妙な暗号通貨です。この暗号通貨は、カラスがメッセンジャーとして知られていることにヒントを得ています。そのため、RVNは支払い手段や価値の貯蔵庫ではなく、所有している資産を宣言するように設計されています。また、このネットワークでは、現実世界の資産を表すために、偽造できないトークンを鋳造することができます。

ユーザーがプラットフォームでRVNを取引する場合、実際にはそのトークンが表す資産を取引していることになります。現在の暗号ニュースではホットな話題ではありませんが、その市場ボリュームはビットコイン(BTC)と並行してかなり活発です。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me