ゲーム実況を初めて撮るとすごく恥ずかしい。対策や慣れる方法 ゲーム実況奮闘記#9

初めてゲーム実況を撮るときですが、すごく緊張しますよね

いざゲーム実況を始めようと思って録画ボタンを押すと緊張してしゃべれない。

どうしたら改善できるのかいろいろ調べたりしましたが、結局いい改善方法なんかなかったです

慣れるしかない!これが一番の対策であり答えだと思います

<スポンサーリンク>

ゲーム実況を初めて撮ると恥ずかしい

これは間違いなく誰もが通ってきた道だと思います

ゲーム実況というか動画を撮ろうと思って素人が始めるとかならず通る道だと私は思います。

人気実況者やアイドルや芸能人なども最初は絶対に恥ずかしかったはず

いざゲーム実況を撮ろうと思って準備をして録画スタートを押す。

画面に向かって実況を始めるわけですが、そこにはモニターしかなく、しゃべっていることに対してなぜか恥ずかしくなり、心が折れる

そういう人はたくさんいると思いますし、私もそうでした

でもこれについては慣れるしかないです。

慣れるしかないと言っても難しいと思うので、対策を少し書いておきます

ゲーム実況に慣れる方法

モニターではなくモニターの先の人をイメージする

モニターとにらめっこをして実況を始めるから違和感があるわけなので、モニターではなくモニターを通してみてくれる視聴者の人をイメージしてみましょう

それだけでも改善できる場合があります

でも逆に人がいると思うと緊張してしまうパターン(練習では行けるけど、実際にやるとダメな人)もあるので注意

台本を用意してみる

恥ずかしいのは最初だけですよ。

出だして詰まってしまう場合がほとんどだと思うので、台本を作って初めて見るというのも一つの手です

しかし台本を読んでいるだけだと内容が面白いくなかったりするので、がっちりとした内容ではなく、こんな内容を話そうって台本にしましょう

始めまして。○○です

本日から実況を始めていこうと思いますので、宜しくお願いします

・ゲームネタ
・ゲームのプレイ歴
・好きなキャラと理由

これぐらいの台本にしておきましょう

誰かと一緒にやる

一人で恥ずかしいなら一緒にやってみるのも一つの手です

普段が出しやすいので、しゃべりやすくなりますよ

しかし身内ネタにならないように注意

生放送から入る

私はこちらを実際にやりました

まずは生放送をやってみてなれていき、慣れたら動画を始めていきました。

このおかげで無事にゲーム実況者としてスタートを切る事が出来ましたので書いておきたいと思います

しかし注意点があります

ツイッターやブログ、インスタなどのSNSをやっている人限定になってしまいますね

いきなり生放送をしても人が来てくれる可能性は少ないので注意

私はブログで告知して生放送をしました(結構急な告知だったけど)。また生放送するよってことで自分を追い込み逃げれなくするというメリットもありますよ

結局やるしかない!始めよう

私が言える立場ではなかったですが、誰もが通る道です

慣れるしかない。というかやるしかないです

ゲーム実況者としてゲーム実況を撮ってあげたい人は絶対に通る道になります

例外としてゆっくり実況系の後から声を編集して入れる方法もありますが、あれはあれでかなり大変ですよ

センスというか脚本能力がすごく問われる。センスがあればあれもありですが、私はかなりきつかったので断念しました

そして初めてわかる動画を上げている人のすごさです。実際にやってみるとかなり大変というか、勇気のいる行動だと思います

第一歩目を踏み出すのはすごく大変ですし、ためらうと思います

一歩目を踏み出したら後は流れに乗って歩くだけですよ。最初の動画から完璧を求めるのは無理です。環境や画質などはできますが、実況に関しては慣れていくしかないです

慣れるためにも動画を上げて経験値を積むことが大事

早く慣れるために今すぐ動画を撮ってあげていきましょう!

スポンサードリンク

4 Responses to “ゲーム実況を初めて撮るとすごく恥ずかしい。対策や慣れる方法 ゲーム実況奮闘記#9”

  1. 吉瀬 より:

    こんにちは

    私はゲーム実況等、生放送をしたことはないのですが、
    生放送を通して何を相手に伝えたいか、を自分自身が
    きちんと認識することが重要な気がします。

    生放送で時間つぶしとかするより、他に社会に受け
    入れられやすい趣味はたくさんあるし、コミュニティ
    もそちらで充実させた方が、人生的にはかなり有意義
    だと思います。

    それでも、ゲーム実況をやりたい、ということなら、
    その意義を自分自身がきちんと認識することで、慣れ
    以上に生放送をやるためのモチベが優先になり、
    恥ずかしい等はどうでも良いレベルになると思います。

    生放送は色んな人が見る可能性があり、必ずしも自分
    の思い通りに行くかどうかは分からないので、自分の
    軸をもって生放送してもらった方が良いかもですね。

    ちなみに、私は、垂れ流しでコメの受け答えもせず、
    試行錯誤する様を永遠見せ続ける生放送をしてみたい
    なぁ、と環境が整えばやってみたいとは思ってます。
    苦悩しながらクリアする達成感が伝わればやる価値
    あるかなぁと。

    • 南南し より:

      吉瀬様

      楽しみ方は人それぞれなので
      やっている本人と見ている人が楽しいならいいんじゃないかなって思います

  2. カイト より:

    こんばんは!

    遅ればせながら初実況お疲れ様でしたー

    声は特に気にならなかったです、普通かなぁって思います
    言い方は悪いですが、もっと聞きづらいの人も居ますし・・・

    何事も初めてのことは緊張すると思うのでしょうがないかと
    むしろあまりやってない人にしては聞きやすい方だったと思いますよ!

    • 南南し より:

      カイト様

      ありがとうございます!
      そして大丈夫でよかったw

      何回もリテイクシていたので(1ヶ月ぐらいw)
      その御蔭でスムーズに話せたのかもしれないですw

コメントを残す

コメントについて

サブコンテンツ

このページの先頭へ