今回の記事は私のゲーム実況の周辺機器についての記事になります

どんな環境で録画や編集、ソフトやツールを使っているかを書いておこうと思います

正直はじめての実況でここまで機材を揃える必要はないレベルで機材を揃えているので、参考にならないとは思いますが一応書いておこうと思います

なぜここまで機材を揃えたのか、その理由も一応書いています


ゲーム実況を始めた時の機材や周辺機器(マイク・録画ソフト・編集ソフト)の紹介

パソコン

パソコンに関してはこちらです

録画や編集に関わってくるのでスペックにはこだわった。

デスクトップパソコン買いました!値段は去年の過金額の半分でした

録画ソフト

Bandicam

有名な録画ソフトですよね

無料と有料バージョンがありますが、ロゴの関係や機能的にも有料版を買いました

全く不満もないいい録画ソフトですね

こちらではブラウザゲームやPCゲームを録画しています

キャプチャーボード

PS4とiosの録画に関しては、

を使用しています。内蔵型のキャプチャーボードになります

こちらを選んだ理由ですが4K録画をできる(60fpsで)という点で選びました。

まだまだ4Kについては必要ないですが、今後を踏まえて考えた結果、私はこちらにしました

実際に録画をして不満などはないですね。

ちなみにAndroidに関しては動画を撮るのを諦めました。私はiosもAndroidも持っているので、ゲーム(動画を撮るゲーム)はios版でやっています

マイク

もともとマイクはヘッドセットのものを使っていました。

ちなみに使っているヘッドセットはこちら

こちらでも音質は問題なさそうでしたが、少し気になったのでマイクを買いました

使ってみた感想ですが、やっぱりいいですね。

音質がクリアになったのが素人でもわかるレベルです。

これで声に自信がつきました。

編集ソフト

編集ソフトも大事ですよね

キャプチャーボードにPowerDirectorの15が付いています。こちらで問題ないといえば問題ないんですが、少し古いので最新バーションまでアップグレードしました

最新バージョンにしたことでやっぱりわからなかったり、少し調べても情報がいっぱいあるのがいいですね。

ちなみにPowerDirectorがあればCMが作れるレベルなので困ることはないです。使いこなせるかは不明です

なぜここまで機材を揃えたのか?

私は実況を始めたばかりの新米実況者です。登録者数も0から始めたいわゆる底辺実況者になります

なぜその私が有名実況者並、下手をすればそれ以上の機材を揃えたのか理由を書いておこうと思います

一番の理由としては

  • 有名実況者に実況者としてのレベルは負けても音質や画質は勝ちたかった

今更始めたゲーム実況(2019/04スタート)後発組の私が、音質や画質の悪いゲーム実況を上げても有名実況者より見られることはないでしょう

すごく面白い実況、凝った実況などを上げればワンちゃんあるかもしれませんが、現在の環境だとやっぱり画質は大事だと私は思いました

1.2年前だったらいいのかなと思いますが、最近はゲーム実況の画質がどんどん上がっていますよね

そんな理由からせめて音質や画質に関しては妥協をしたくなかったというわけで、最初から機材を揃えていきました

とりあえずやりたいって人はパソコンさえあれば、録画と編集ソフトは無料でいけますし、やってみて面白かったらどんどん揃えていくのもいいと思います

機材よりもまずはやってみることが一番大事。本当にこれが大事!

まとめ

機材よりもまずはやってみることが大事!!

そして機材に関してはパソコンや周辺環境によって変わってくるので、何が正解とはっきり言えないのが難しいですよね

ちなみにですが流石に良いものを使っているだけあると思える画質と音声が撮れています

後は私自身の実力を上げるだけ。

ゲーム実況者なのでゲーム風に書いてみると

後は私のレベル上限や、成長速度しだい。

攻略本や攻略情報は装備(周辺機器)に関してしか情報がない。育ててみて後悔するか、育ててよかったと思うのかは不明

どうなるかわからないからこそワクワクする。

スポンサードリンク