千年戦争アイギスの「お宝泥棒レダ」の性能まとめ記事になります

シーフの第二覚醒も実装されたので書いておきましょう

レダ級と言われていた初代シーフですよ


「お宝泥棒レダ」の性能まとめ

覚醒前

グラフィックは結構好きですよ。覚醒グラフィックでああなるとは思わなかった

アビリティ「影縫い」・・・ 20秒敵を短時間鈍足化する攻撃を行なう

結構良さそうに感じますが、ウィッチのような短時間の鈍足、しかも弾かれたらだめなので注意

クラスシーフですが、敵へのバフを与えますが、ユニット以外のドロップ率アップを持っているので好感度や魔水晶、収集アイテム、刻水晶のドロップ率を上げることができます

覚醒後

覚醒グラフィックでまさかそんな格好になるとは思わなかったw

覚醒アビリティ「出撃コスト減少」・・・出撃コストが-2

まさかの下限で0になります。シーフはクラス特性目当てで編成に入れる王子が多いと思いますが、場に出してもコスト0ならまだ使える・・・ということになるのかな?

覚醒によりクラス特性強化が一番のメリットかな

スキル覚醒

射程アップと同時攻撃で使いやすくなりました

第二覚醒

地味に一番楽しみにしていたグラフィックがなかった

分岐はアルセーヌなので第二覚醒する時は注意です。アニータやサバル(トリックスター)を持っているならいいけど、そうでない場合は敵へのバフが上がる点にだけ注意

あとはグラフィック楽しみに待つだけ

まとめ

シーフとしてはかなり優秀なユニットですよ

入手機会もGRやプレミアム召喚(2018/09段階)でよく出ますし、第二覚醒分岐もドロップ率アップの分岐なので素直なシーフでいいですね

戦力に関してはコストに対するコスパは最高ですが、置くかどうかは自由ですよ

スポンサードリンク