アーニャ復刻始まるよ!

というわけでいつものイベントの付き合い方と、アーニャの入手方法は少し複雑なのでそちらの説明をやっておこうと思います

過去に炎上したイベントなので、そうならないように注意です。


アーニャ入手の流れの説明

アーニャの入手方法ですが

  • 「封印されしドラニア」をCCする

以上で入手することが可能ですが、CC素材が少し特殊で

  1. 時の聖霊フルール
  2. 青竜のガドラス
  3. 竜人戦士

一応ドラニア以外はイベント以外でも入手可能と言えば可能です

注意点は

  • ドラニアのコストはアーニャのコストに関係が無い
  • 時の聖霊を違うユニットのコストダウンに使ってしまわないように

です。アーニャは素コストのドラニアをCCしても最初からコスト下限のユニットなので、ドラニアのコストを下げる必要は無いです

時の聖霊は確定コストダウンユニットなので、他のユニットのコストダウンに使いたいところですが、アーニャがほしい人はやめておきましょう

アーニャを持っているなら他のユニットに使ってOK

今回の復刻では、ドラニアとフルールの両方が交換可能となっているので、交換しておきましょう

一応「竜人の侵攻」と「竜姫の復活」のセットのイベントでしたが、今回は両イベントユニットが刻水晶交換所のラインナップに追加されているのでこちらも注意かな?

アーニャ復刻(2018/05)竜人の侵攻の付き合い方

イベント概要

アーニャ復刻といいつつ、イベント対象は違います

今回は

  • アリア(下限期待値270)
  • ドラニア(200個)
  • エキドナ(下限期待値750)
  • 時の聖霊フルール(500個)

が交換所入りしています。

イベント形式は一応試練系となっていますが、少し特殊なので別イベントと考えるのが一番です

ブラック収集復刻よりはやさしいですし、まだ気が楽

フルールですが、確定コストダウンができる聖霊なのでよほどのことが無い限り確保ですよ

アリアの性能

アリアはレアリティゴールドのソルジャーです

昔はソルジャーも少なく、防御のケイティ、攻撃のアリアという感じで使い分けられていました

性能に関しては攻撃版のケイティという印象でOKですが、プラチナイベント産ソルジャーも来たため、アビリティ目当てなど以外での運用は少し厳しい

でも金以下のソルジャーの中では優秀ですよ

使うなら下限、使わないなら素コストで寝室や交流イベント回収用でOK

エキドナの性能

エキドナはドラゴンシャーマン

ヒーラーとの攻撃速度の違いからヒールずらしもでき、防御力が高いので耐久力のあるヒーラーとして優秀でした

覚醒や第二覚醒が来ましたが、硬さとスキル覚醒の同時回復が特徴となっています

コストが重いのがドラゴン。使うなら下限、使わないなら素コストで寝室や交流イベント回収用でOK

でもグラフィックいいですよ

ドラニア(アーニャ)の性能

ドラニアですが、一応男ユニット

昔は男ユニットが少なく、好感度ボーナスも無かったので男縛りで活躍していました

しかし覚醒や王子強化、皇帝などが来てね・・・でも彼の本当の姿はアーニャですよ

 

ドラニアをCCすることで下限でゲットできるドラゴンプリンセスのアーニャ

ドラゴンプリンセスは簡単にいうとブロック2のプリンセス。コストも重いですが、ノーマルスキルとスキル覚醒で攻撃型、防御型と使い分けることができるユニットです

第二覚醒はまだですが、かなり頼りになるユニットですよ

もっておいて損は無いユニットだと思いますし、ドラニア200+時の聖霊フルール500=700で下限確定で入手できるのもお勧めできる点

迷ったら取っておけと言い切れるユニットですし、グラフィックも好きです

まとめ

今回は複数キャラが来ているので注意です。

アーニャを待っていた王子は全力で頑張って、全力で楽しんでくださいね。

私は第二覚醒後のアーニャ報酬でもらえるアーニャのコストが分からないので、とりあえずスルーしておきます

時の聖霊もおいしいイベントですし、交換忘れに注意です

スポンサードリンク