アズールレーン 次回メンテナンスは12/26!明石からのプレゼント開封

次回メンテナンス日の正式アナウンスがやってきましたね

次回メンテは12/26ということで、イベントはメンテナンス終了後に始まるので準備はバッチリですか??

<スポンサーリンク>

次回メンテナンスは12/26!

※鏡面海域とは:

「鏡面海域」では、ほかのプレイヤーのコピー艦隊と戦って、Pt素子を入手することができます。「鏡面海域」には自軍から15隻+友達から秘書艦を1隻・合計16隻の出撃メンバーの内から6隻を選んで戦闘に参加します。

一度「鏡面海域」に出撃したメンバーは変更することができませんが、出撃メンバーと出現した敵、攻略進捗を初日以外毎日、一度だけリセットすることができます。

詳細の遊び方については、「鏡面」の「ヘルプ」をご参考ください。

そういうことか・・・

というわけでフレンドの方よろしくお願いしますね

私の秘書官はエルドリッジにしておこうと思いますが、イベント情報を見て調整すると思います

前にコメントに頂いていましたが、これは面白そうですがしっかりとヘルプを読んで挑戦したいですね

明石からのプレゼント開封

何かもらえたよ

 

まあありがたいということで有効活用していきましょう

鎮守府さらし

私の育成の様子ですが

 

無課金まったりプレイヤーなのでこんな感じです

金ブリ待ちがけっこういるのでまだまだ育成は時間がかかりそうです

普段ですがハード、演習、デイリーをやっているぐらいです。がっつりというよりはまったりかな?

 

スキルレベルはこんな感じです。いろいろばらけているので、最近はレベルマックスを作っていく方向でやっています

装備に関しては流石にはぎ取っていくのが大変なのでご勘弁を・・・

では告知の早かった年末のイベント「鏡写されし異色」、楽しみですね

スポンサードリンク

4 Responses to “アズールレーン 次回メンテナンスは12/26!明石からのプレゼント開封”

  1. カイト より:

    こんばんは!

    鏡面海域ですが秘書艦は3凸工作艦がオススメです
    というのも、鏡面海域限定で工作艦の定期メンテの効果が
    やられた味方を復活+全回復するという仕様になるので
    前書いたゾンビアタック戦法もこの仕様前提です

    イベントですがノーマルなら最深部でもLv50前後なのは安心しました
    私はイベ限設計図に興味ないのでハード☆3取り終わったらノーマル周回する予定です

    あとクラップ箱のラインナップが増えるので金箱や虹箱持ってるなら開けない方が良いですよ
    イベントで手に入る金装備も追加されると思うのでポイントの節約が出来る可能性があります

    個人的には今回のイベント報酬の戦艦主砲や戦闘機は
    どちらも癖が強めなので1個あれば十分だと思ってます

    戦艦主砲は戦艦砲の中で一番弱い弾種とされる徹甲弾、戦闘機は爆弾無しと
    攻撃速度に特化した代わりに他の性能がかなり劣ってます

    5連装磁気魚雷は強いので虹と金両方取っておいた方が良いです
    若干追尾機能を持つ魚雷なのでオート周回メインならかなり便利かと
    虹魚雷は雷装ステ補正が70なのでステータス面での強化も大きいです

    • 南南し より:

      カイト様

      こんばんは!

      情報ありがとうございます
      これは工作船にしないといけないです(レベル低いけどいいのかな・・・)
      イベント始まったら明石を完凸したい

      クラップ箱の中身更新は見落としていました
      これは少し我慢しておきますね

      装備ですがそんな感じになっていたんですね
      魚雷メインであとは収集と相談して取ろうと思います

  2. Icon より:

    告知があってから急遽フレンドを作りましたが、こういう形で来ましたか。
    チャットを見ているとどうやら工作艦が喜ばれるようですが、
    明石は未所持、ヴェスタルもあまり育っていないので
    回復系ということでユニコーンでも置いておこうかと思っています。

    • 南南し より:

      Icon様

      まさかこんな感じで来るとは思いませんでした
      コメントで工作船の理由を教えていただいたので私は工作船にしようと思います
      なんか特殊仕様?があるようなのでウェスタルを急いで育成しておいた方がいいかもです

コメントを残す

サブコンテンツ

予約受付中千年戦争アイギスグッズ

ランス10攻略記事まとめ

・ランス10攻略記事まとめ

こちらの記事に攻略記事をまとめています

このページの先頭へ