「風詠みの少女メイファ」の性能まとめ!獣人風水士で隠密いいね 千年戦争アイギス

収集系イベント「龍穴の風水士」の報酬ユニットの「風詠みの少女メイファ」の性能まとめになります

異種族ヒーラー枠としてありがたい。そして風水士はありがたい王子も多いはず

性能的にはプチリンネになれるかなって性能で、収集イベントの報酬といてはいいイベントキャラですよ(プチプチリンネぐらいかな?w)

<スポンサーリンク>

「風詠みの少女メイファ」の性能まとめ

覚醒前

獣人だよ!ピピンには騙されたけど異種族だよ!

風水士ですがクラス特性の地形ダメージ割合カットや悪天候の時間短縮、同時回復が便利です

スキル「天医の龍穴」・・・スキルレベルマックスで30秒射程1.5倍。攻撃力が0.8倍になるが同時に回復可能な味方の数が1人分増加

スキルは同時に回復できる人数は増えるが、回復量は減るので使い方が大事です

 

覚醒前のカンストステですが、やっぱり風水士は攻撃力が低いですよね

過信しすぎないようにです

覚醒後

覚醒グラフィックはいいですよ。これは第二覚醒グラフィックも期待できる

覚醒アビリティ「安らぎの呼吸」・・・自身のHPが徐々に回復(10回復/0.5s)。スキル中は回復量が2倍に上昇

アビリティは自分用というかスキル覚醒用ですね

第二覚醒も実装されているので、スキル覚醒と第二覚醒見ておきましょう

スキル覚醒

スキル覚醒で自分が回復対象になりませんが、攻撃力倍率も付き使いやすくなる

第二覚醒分岐が八門風水導士なので、第二覚醒との相性はいいスキル覚醒。

注意点は再動だけ

第二覚醒

第二覚醒グラフィックはなし、分岐は八門風水導士

ステアップにスキル中隠密が付くのでこちらの分岐でよかったと思いますが、5人同時回復見たかったw

イベント風水士としてはいい着地点

まとめ

イベント風水士としては優秀ですよ

ブラックチケットにリンネがいる時点できついクラスが風水士なんですが、リンネを持っていないなら使いやすい風水士です

私的には異種族メンバーの層が厚くなった時点で大勝利ですし、データ2にはいいヒーラーになります

風水士はブラック来てもリンネがいる時点で厳しいですよね・・・うまく使ってあげましょう!

スポンサードリンク

8 Responses to “「風詠みの少女メイファ」の性能まとめ!獣人風水士で隠密いいね 千年戦争アイギス”

  1. 匿名 より:

    リンネ持って無いから育てて使うかな
    ブラチケでリンネ取っとけばよかった。

  2. 匿名 より:

    ベテラン王子には収集産という事で不評気味な様子ですが、個人的には使い易そうで今回は感謝感謝な感じです

    リンネさんはちょっと盛り過ぎですからねえ
    対抗しようとすると永続+広範囲の状態異常無効辺り持って来ないといけないので、やっぱりおかしい事になるっていう

    • 南南し より:

      匿名様

      リンネ持っているかどうか次第ですよね
      いっそブラックにして性能盛ってもよかったかも

      しかしイベント産としては優秀なユニットですよね

  3. 驟雨 より:

    性能評価お疲れ様です。

    正直配布という点を引いても白としては十分な性能ですね。
    難点はリンネの所持云々を置いても2覚の八門まで育成
    さらにスキル覚醒させて初めて本領発揮という大器晩成な点(^^;

    代わりにスキル覚醒で60秒の長い期間プチリンネ化するので
    最後のラッシュや大物マルチタゲ相手には安心して使えそうです。

    まー、リンネ持ちとしてはリンネで回復足りないことほぼないので
    出番怪しいですが、それ言ったら他の回復職にも飛び火するので。

    後はやっぱリーナと組んで異常無効回復職扱いですね。
    リンネ殺しなMAPで安心して使えるのは立派な利点です。

    • 南南し より:

      驟雨様

      確かに大器晩成ユニットとなっていますね

      いい性能だと思いますし、結局は使い方となりそうですね
      リーナと組ませての異常無効は使えそう

  4. とくめいきぼう より:

    リンネ難民には嬉しいユニットですよね。

    て言うか2回も風水で収集イベやるくらいなら最初からメイファにしてほしかっt(ry

    • 南南し より:

      とくめいきぼう様

      それいっちゃだめー!
      ピピンも当時は貴重な風水士

コメントを残す

サブコンテンツ

予約受付中千年戦争アイギスグッズ

ランス10攻略記事まとめ

・ランス10攻略記事まとめ

こちらの記事に攻略記事をまとめています

このページの先頭へ