千年戦争アイギス 「義賊サヨ」の性能をまとめてみたい

何か忘れていると思ったら「義賊サヨ」の性能見るの忘れていた

「戦場の記憶~追憶の章~」のイベント報酬キャラの「義賊サヨ」

ローグはお腹いっぱいという中実装されたユニットなので性能が大事ですよね。

しかしそこはうまくついてきたユニットだと思います

追記:スキル勘違いしていました。コメントありがとうございます

<スポンサーリンク>

「義賊サヨ」の性能まとめ

覚醒前

グラフィックはローグということで身軽ですね

覚醒前アビリティ「隠れた同行者」・・・他者からHP回復を受けられないが出撃人数に含まれない。同名のユニットは編成に1人まで

サヨの一番の特徴はアビリティですね。これはかぶらないですし、出撃枠も取らないということで面白いユニットだと思います(HP回復を受けれないので注意ですが)

スキル「変化の術」・・・スキルレベルマックスでブロック数0で短射程の遠距離攻撃。HPが0になると一度だけ半分まで回復。効果時間無限

スキルも面白いですね。初動も10秒なので使いやすいのもいい。ちなみにゴブリンアーチャーに変身します。

 

覚醒前のカンストステはこんなところです

アビリティとスキルに特徴があるので、結構面白いユニットですよ

覚醒後

覚醒グラフィックは服を着替えたのかな?

覚醒後アビリティ「隠れた支援者」・・・他者からHP回復を受けられないが出撃人数に含まれない。同名のユニットは編成に1人まで。自身の死亡時は撤退として扱う

使いやすくなったし死亡撤退は便利ですよね

カンストステがちょっと出てこないんですが、第二覚醒が実装されているので出てきにくいですね

好感度ボーナスの関係で攻撃力は低めですが、スキルが本体ですし気にならない

スキル覚醒

射程がやや短くなるので少し伸び、黒弓になってくれます

再動も短いため後衛軍師と組ませるとかなり使いやすそうですね。

私が使うならスキル覚醒をして使います。HP全回復も使いやすい

第二覚醒

グラフィック欲しかったな・・・

分岐はエンフォーサーです。攻撃力も上がっていますし、HPも増えているので使いやすくなりますね

分岐内容としてはいい分岐です

⇒千年戦争アイギス ローグの第二覚醒の簡単なまとめ

まとめ

今更来たけどって思っていましたが、アビリティで使い分けができますし、結構便利なユニットになりましたね

強くはないけど面白くて便利。使い方次第では、かなり使えるユニットって感じですね

覚醒後の死亡撤退も便利でありがたい

今後はこんな感じのユニットが増えてくるのか、新クラスがくるのか、どんなユニットが来るのか楽しみですね

スポンサードリンク

6 Responses to “千年戦争アイギス 「義賊サヨ」の性能をまとめてみたい”

  1. 774 より:

    スキル覚醒の射程ですけど
    変化の術→変化の術・改で射程ほんの少しだけ延びてますよー

    • 南南し より:

      774様

      勘違いしていました
      修正しました。ありがとうございます

  2. 王子 より:

    スキル覚醒後の方が射程は長いのでは?
    覚醒前→短射程
    覚醒後→やや短い射程
    なので。

    • 南南し より:

      王子様

      勘違いしていました。
      修正しました
      ありがとうございます

  3. 匿名 より:

    二次覚醒すると黒ゴブリンアーチャーになりますね。
    そしてスキル覚醒すると攻撃速度がおかしい!!
    即死効果がなくなりますが連射能力が半端ない。
    しかし一切回復効果が及ばない(癒しの奇跡の範囲外)ので、
    『アレ? この子、仲間になってもボッチなんじゃね?』
    とちょっと可哀そうになってきますw

    • 南南し より:

      匿名様

      サヨの運用はちょっと特殊ですよね
      でもこういったユニットは増えていきそうですよね

      元々敵にひとりで潜入しているので
      人間強度はつよいはずw

コメントを残す

サブコンテンツ

予約受付中千年戦争アイギスグッズ

ランス10攻略記事まとめ

・ランス10攻略記事まとめ

こちらの記事に攻略記事をまとめています

このページの先頭へ