千年戦争アイギス 「封妖の忍者ナギ」の性能をまとめてみたい

ナギイベントの妖怪大戦が復刻するので、ナギの性能まとめ記事書いておきましょう

忍者ですが、かなりの修正が入っているため、使い方がかなり変わりました

妖怪特攻持ちの面白いユニットなので、刻水晶復刻型としんどいイベントですが、頑張る人はがんばってくださいね

<スポンサーリンク>

「封妖の忍者ナギ」の性能まとめ

覚醒前

20161228335

グラフィックは、この世界の忍者は薄着ですよね。まあその分素早いのかな?

ナギですが、イベントを見てもらえればわかりやすいですが、封印の忍者という特性?で妖怪特攻持ちのキャラです

覚醒前アビリティ「封妖手裏剣」・・・妖怪に対する攻撃力が1.3倍になる

妖怪に対しては攻撃力アップなので、スキルとも相性のいいアビリティです

スキル「秘伝の丸薬」・・・スキルレベルマックスで30秒攻撃力とHPと防御力が1.6倍に上昇 ブロック数+1

画像ではブロック1となっていますが、忍者は仕様変更でブロック数0になりました。なので近接枠に置ける遠距離攻撃ユニットです

スキル中はブロック数が+1されますが、その分ステも伸びているので強敵を抱えない限りは大丈夫でしょう

スキルは、妖怪特攻と考えると相性のいいスキルです

 

20161228337

CC後カンストステはこんな感じです。攻撃速度も早いので、思った以上に使えますが、攻撃力が低いので攻撃を弾かれやすいので注意です

忍者ですが、覚醒でコストが下がるので、覚醒後が本番です

覚醒後

20161228334

覚醒グラフィックはいい。忍者らしい

覚醒アビリティ「封妖手裏剣・真打」・・・妖怪に対する攻撃力が1.4倍になる

こちらは若干伸びたなって感じで、少し残念かな・・・でも十分いいアビリティだと思います

覚醒でコスト下限で13とかなりの低コストで出すことができ、スキルの初動もレアリティブラックなので早い。妖怪対策にはかなり使えるユニットですね

同じレアリティブラックのサキと比べると、通常時はサキに軍配が上がりますね(スキル覚醒にアビリティ)。 しかし妖怪相手には話が変わってきます。

特にスキル覚醒後のスキル中のDPSはかなり高いです

うまく使い分けはできるし、通常時ブロック0の仕様変更で使いやすくなったクラスですね

スキル覚醒

20161228345

1回限りになりますが、その分性能はいいですね

元々のスキルの再動も悪いし、スキル覚醒して1回限りで使っていく手もありですね

第二覚醒

そろそろくるかも

まとめ

実装当時と現在でかなり状況が変わっています

最近は妖怪も多いですし、酒呑童子もイベントで来ると思うので、妖怪対策にいいキャラになりそうです

サキも使いやすいですが、向こうは魔水晶交換キャラなので、好きな方を頑張りましょう

ブロック0になって使いやすくなり、面白いクラスとなった忍者を楽しんで使っていきましょう

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ