千年戦争アイギス 交流クエストと絆の聖霊について

無題s

メンテ終了後から追加された新機能「交流クエスト」について、ある程度情報が出てきたのでまとめておこうと思います

もう少し情報が固まってから書きたかったですが、まだ引っ越しでバタバタしているので、追記形式で書いて行きます

ちなみに私は上の画像のようになりましたw

<スポンサーリンク>

新機能「交流クエスト」

無題s

覚醒済みの対象ユニットがいると、挑戦できるクエストになります。 挑戦するのにスタミナが2必要です。 場所は交流画面から挑戦できます

内容は難しいという話も聞きますが、パーティーが組まれているようなので、クリアできない方は攻略動画を待ちましょう。 王子覚醒させておくことも忘れないようにw

交流クエストと書いてありますが、実質は寝室3追加になりますね。

 

無題s

このように3つ目の寝室解放されます。 これはいい機能ですねww

覚醒したら寝室3の解放と考えると、覚醒するのが気持ち的に楽になりますね。 もっと早く実装してもよかったと思いますが、絵の関係とかシステムとかあるんですかね?

これで性能だけではなく気に入ったキャラどんどん覚醒させていけますね。

実装キャラは、ほんのわずかになっていますが、どんどん追加されることを勝手に楽しみにしておきましょう。

報酬は寝室3のみではなく、神聖結晶3つ、さらに絆の聖霊です。

絆の聖霊については下で触れるのでスルーしますが、報酬も豪華になっているので、いい新機能の実装だと思います

絆の聖霊について

交流クエストの報酬でもらえる絆の聖霊ですが、同レアリティのキャラのコストを稀に下げる聖霊です。

稀にって言葉がすごく気になっていたのですが、すでにゲットして合成させている勇者たちの情報によると初回は100%の様です。

確証は出ていませんが、同一ユニットの合成の様な感じっぽい情報です。 もしそうなら初回100%、50%、25%とガチャ産のユニットのコストを下げられる可能性がでますね。ここは確定ではないので、もう少し待った方がよさそうです。

入手方法は結構厳しいですが、ガチャ産の素コストのユニットを覚醒させても、コスト下げられるって考えたらすごくありがたいです。

私は覚醒させたユニットが素コストならそのまま合成させようかなって思っています。 素コスト以外の場合は、違う同レアリティのユニットに合成させていこうと考えています

何はともあれすごい神アプデですね。

寝室3は来ないのかなって思っていたので、その面でもすごくいいアプデだったと思います

早く手持ちの覚醒ユニットに交流クエストが来てほしいですね。 まったり待つしかなさそうなので、まったり育成進めながら待ちたいです。

スポンサードリンク

4 Responses to “千年戦争アイギス 交流クエストと絆の聖霊について”

  1. masa より:

    ケイティもユリアンも気合い入れて合成したのですがコスト下がらず、コスト12から下がらない気分だけ下がりました。絆の聖霊ベルニスとイリスで取りましたのでこちらも合成、イーリスのコストを下げようとしたのですがこちらも19から下がらずイリスは21にならました、この3人は下がる気がしなくなってきました。

    • 南南し より:

      masa様

      コストダウンはフォンが辛いですよね
      しかし下げる手段が来たということで
      今後も頑張ってコストダウン狙っていきましょう

      いつか下がることを信じていきましょう

  2. mu-mu- より:

    実質的には時聖霊と同じってことでしょうかね?
    同一ユニット合成でのコストダウンと同じことができる・・と
    それとも、そちらで下限にした後さらに下げられる別管理のコストダウンになるんでしょうか?

    • 南南し より:

      mu-mu-様

      同一ユニットと同じ感じみたいですね。
      確証とかはまだ出ていませんが、報告によるとその線が濃そうです

      同レアリティのユニットに合成させたら同一ユニット合成のコストダウンのテーブルの確率で
      下がる感じです
      下限から更に下げることはできません

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめゲームとか [AD]

アズールレーン

普通にはまっています

放置少女

ゲームを放置するという発想よ

崩壊3rd

プレイ中ゲーム紹介

千年戦争アイギス オンラインゲーム

私が一番ハマっている千年戦争アイギスになります!画像をクリックすると詳細に飛べます。
私のレビューはこちら

ios版も祝リリース
千年戦争アイギスA

千年戦争アイギス旬な記事

このページの先頭へ